久遠の夜空に星華を

貴方の音は如何な色?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぅ たいとる













立ち止まって 足元見下ろして
上ってきた階段の その道幅が
細く狭くなって行くことに
そっと 目を反らして


空か 宇宙か はたまた海か
浮かぶ階段 先見えず

下りは楽でも 後戻り出来ず

枝分かれした その階段の
枝の一本に両足を乗せ

自分がまさか この枝を歩くとは

迷い戸惑い 決めた道は
またすぐ枝が 間近に見えて

歓喜と悲愴と憤怒の三原色で彩られた世界

何一つ思い通りになど
なるはずもなく

大切に歩いて 上ってきた階段は
心無い言葉で 強度が落ちて
選択の時を 刻一刻と迫る

ここで道を決めるは 自分か否か
見定めるには 月日が足りず


ふと、歩く道の強度を疑う
スポンサーサイト

トラックバック

http://floweredsound.blog108.fc2.com/tb.php/36-26071c69

 | HOME | 

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。