久遠の夜空に星華を

貴方の音は如何な色?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもつながっている だからこそ名前を呼ぶ

自己満足に打ち込んだ定期演奏会のあらすじというか、ストーリー・w・

登場人物は色分けしてみましたー
ちょっとでも見やすく、イメージしやすい感じになってるといいんですが=w=

続きでどうぞ・w・

ではでは・w・

ざっと流れとMC、曲名などを書いていきますー

人の名前かいちゃうけどいいよね?いいよね?(((




 ~ 第一部 ~


≪ フランボワイアン
          ~大地に広がる炎の花~  木澤教司 ≫


MC「吹奏楽班1曲目に演奏した曲は 
   八木澤教司作曲 フランボワイアン~大地に広がる炎の花でした
   
MC「続いて演奏する曲は 
   田嶋勉作曲 2010年度吹奏楽コンクール課題曲 汐風のマーチ
   そして、マルコム・アーノルド作曲 序曲ピータールー です。
   序曲ピータールーの作曲者マルコム・アーノルドはイギリスの作曲家です。
   牧歌的な主題で始まり、古代個に先導されて迫りくる軍隊が現れ
   金管郡が咆哮する戦いの情景となり、じきに静まり
   それは死傷者を癒すかのような壮大なコラールで締めくくられます。
   それでは、2曲続けてお聞きください。」

≪ 課題曲Ⅳ 汐風のマーチ    田嶋勉 ≫

≪ 序曲「ピータールー」  Malcolm Arnold ≫




 一部、二部繋ぎMC
 部長、副部長による部紹介(残念ながら何を言ってたかわかりません・q・;)



~ 第二部 ~

≪ sing sing sing    Louis Prima ≫


 しほ・みっさ 『こーんばーんはー!』
 しほ 「二部から司会を務めさせていただきます。パーカッション二年の私、しほと」
 みっさ「みっさでーす!実は私たち、去年も司会したんですよ~!」
 しほ 「おぼえてますか?」

    ~拍手(笑)~

 しほ・みっさ『ありがとうございます!』

 しほ 「まずはじめにお送りした曲は映画スウィンウガールズでおなじみ    
      「sing sing sing」でした。」

 みっさ「ソロは~・(略)・でした!」

 みっさ「スウィングガールズといえば、野球の応援シーンあったけどー・・・」
 しほ 「あれ?なんか聞こえてこね・・・?」

 ???う~~~・・・」

 しほ 「そ、その声は!西校一のイケてるメンチカツ、略してメンチ!」

 メンチ「みなさん、こんばんわ☆
(男子)  私、いつもステージの右側で皆のことささえてます☆
      もちろん・・・先輩(男子)のことを思いながら・・・☆
      だから先輩、今日は私の晴れ舞台、ちゃんと見ててくださいね☆」



   メンチ、ふりかえりながらゆっくり去っていく


 みっさ「な、なんなんですかあの人っ!」
 しほ 「西校には変な人がいっぱいいますね~・・・」

 みっさ「あれ、あそこに誰かいますよ!
      なんだかイチャイチャしてますねぇー」



   男の子と女の子が歩いてくる


 女の子「もう、何よ!」


   女の子が男の子を殴り、男の子、よろめく
 

 みっさ「あれれれ、でも女の子、怒ってるみたいですよ;」
 しほ 「喧嘩ですかねー?」


 男の子「だーかーらぁー!みさきも早く彼氏つくれって!」

 みさき「うるさいわねぇ!
      あんただって人のこと言 え な い でしょっ!


 男の子「好きな人とかいねぇのかよ?」
 みさき「そ、それはー・・・もう知らないっ!」


   みさき、急にどこかに走っていく


 男の子「ちぇ、なんだよあいつ・・・
         マツコデラックスみたいな顔しやがって・・・・」


   
   男の子がしゃがみ込んでいると、クロウサギが走ってくる


 男の子「え、こんなところにウサギ?!ちょ、ちょっと待てよーっ! 
      ・・・うあぁぁぁぁぁ!



   驚いて逃げたウサギを追いかけ、穴に落ちる

   トロンボ-ン効果音『ひゅ~・・・ボヨン』


 男の子「いってててて・・・長い落とし穴だったなー・・・
      あのウサギ何処行った・・・?
      っていうかこはどこだーっ!



  みさき?と友達が向こうから歩いてくる

  
友達 「そういえばやー、もうすぐデズニーランド開園だっけのー!」
 みさき?「んだなー?知らねっけー・・・」


 男の子「あ、なぁみさき、さっきは俺が悪かった・・・
         ちょっとムキになってて・・・」


 みさき?「ちょっと、あんた何いってんなや~。
         おいの名前は 『 み・さ・え 』 だ~☆」


 男の子「みさえ?!何言ってんだよ、さっきまで俺と一緒にいただろ?!
     ・・・おぼえてねぇのかよ?!」


 友達 「なにいってんのYO!初めて会ったのYO!~!

 男の子「お前らこそ何言って・・・ちょっとそれ貸せっ」


   男の子が友達の持っていた新聞をうばいとる


 みさえ「ちょっと!なにすんな!」  

 男の子「・・・昭和30年8月11日・・・
      東京ディズニーランド開園?!
      って、お前どんだけ昔の新聞持ってんだよ~」


 みさえ「そんな、今日の新聞だんけんどっ?」
 友達 「ちょっと返してっ!今がらその新聞使うあんがら~っ」


   友達、男の子から新聞を奪いかえし、男の子をたたく
   ビブラスラップ効果音「カララララッ!」


 男の子「昭和・・・だと?今は平成だろ・・・?」

 みさえ「何言ってんな、今は 昭和 だっ」
 友達 「平成・・・?なんだそれ?」

 男の子「昭和・・・俺は過去に来てしまったのかーっ?!



≪ Moonlight Serenade   Glenn Miller≫



 友達 「ねぇー、この人、む~り~!
      というわけで、みさえ、早くいごっ☆」

    

   友達に手をひかれながら男の子が気になる様子のみさえ。


 男の子「あいつ・・・なんであのネタ知ってるんだ?
      それにしてもー・・・・はぁ・・・・」



   みさえ、男の子のところへ帰ってくる


 みさえ「なぁ、あんた、ほんとで未来がら来たんが?」

 男の子「そうみたいなんだー・・・
      そういえば俺、さっきお前のこと他人と間違えただろ?
      それさ_、お前、俺の友達のみさえに似てるんだよな・・・」


 みさえ「へぇー・・・どんだ娘だなや?」

 男の子「そりゃぁー・・・
      みさきはちょっと、いや、かなりケツがデカいし(ティンパニ効果音 ぼよーん!)
      素直じゃないけど、優しいし、なんだかんだいって頼りになるし、
      声はかわいいし、いい匂いするしー・・・
      こまったときに助けてくれて、頼りになるんだよなー・・・」

  
    (トランペット効果音 「ぽわ、ぽわー、ぽわーん」)


 みさえ「あんたー・・・その娘のこと、好きだんろー?w」

 男の子「はぁ?!



≪ また君に恋してる   ビリー・バンバン ≫



 みさえ「だーがーら!やっぱり好きだんろ!
      みてればわがるってー!告白どが、しねなー?
      他の人さ、とられっぞー!」


 男の子「・・・おれ・・・!」


   クロウサギ、走ってくる


 男の子「あ、あのウサギ!」

 みさえ「ちょっと!どごさいぐなー?!」


 男の子「うあぁーーーっ!


   二人、ウサギを追いかけて穴に落ちる
 
   トロンボ-ン効果音『ひゅ~・・・ボヨン』




≪ 会いたかった  AKB48 ≫

   曲中、みさきと男の子が出会い、踊る


 みさき「ちょっとー!探したのよーっ?!」

 みさき男の子ごめんっ!

 男の子「あのさ、俺、気づいたんだ。
      俺にはお前が必要だ!お前がすきだっ!


 みさき「あたしもー・・・好きだよーっ☆」

 男の子「よっしゃーっ!」



 しほ・みっさ『お幸せに~っ!

 しほ 「ぁ、ドラムが私を呼んでいる!
      みっさ、いってくるね!、あとはよろしく!」


 みっさ「らじゃーっ!
      まかされたのはいいけど、どうしたらいいんでしょう・・・?
      あ、そうそう、私、今ハイスクール・ミュージカルにはまってるんですよーw
      さっきのカップルも踊れるとか何とか・・・」




≪ WE'RE ALL IN THIS TOGETHER    ハイスクール・ミュージカル2より ≫

   みさえと男の子、楽しそうに踊って手を振りながら去っていく



 しほ 「いやぁ~、LOVEって、いいですね☆」
 みっさ「そうですね☆」
 しほ 「そういえば、西校には付き合ってる人がたくさんいますよね。」
 みっさ「私もいますよ~☆」
 しほ 「でも先生は~・・・」

 しほ・みっさ『・・・いないみたいですね~(笑)』

   先生にスポットライト(

 みっさ「ソロの紹介をいたします。~略~。」

 しほ 「ここで、祝電と花束を頂戴いたしましので紹介させてます。~略~。」
 しほ・みっさ『たくさんの花束、ありがとうございました!

 しほ 「さて、続いてお送りするのは今話題のジブリ作品のあの曲!」
 みっさ「そう、借り暮らしのアリエッティ!」
 しほ 「みなさんは、もう御覧になりましたか?」
 みっさ「ち な み に、先生はもう見に行ったらしいですよ!」

 しほ・みっさ『・・・一人で・・・』

   再び先生にスポットライト(←

 みっさ「この曲を聴けば、あなたもきっと映画を見に行きたくなるはず!」
 しほ 「どうぞおききください!



≪ Arrietty's Song    Cecile Corbel ≫



 みっさ「いやー、素敵な曲ですねぇ☆」
 しほ 「実は私も借り暮らししてます☆
      ・・・先生の部屋のクローゼットで・・・


   再び再び先生にスポットライト(←

 みっさ「しほさん!それ犯罪ですよ
         借り暮らしは小人だからゆるされるのであtt・・・」

 しほ 「まぁまぁ!」

 みっさ「さてここからは、三年生がアンコール、という曲で、
         しっとりとソロを繋ぎます。」

 しほ 「15人ひとりひとりの素晴らしい音色に、どうぞご注目ください。」
 しほ・みっさ『それでは、どうぞ!



≪ アンコール    田嶋勉 ≫



 みっさ「あっ、しほさん!」
 しほ 「なぁに、みっさ?」
 みっさ「次の曲でラストですよ!」
 しほ 「あらほんと!次の曲を演奏し終わったら三年生が引退だなんて・・・
      私、考えられない!


   しほ、駆け足で立ちさる。

 みっさ「ちょっと、ひとりにしないでよーっ・・・」

 先輩 「しょうがないなぁー・・・
      私が手伝ってあげようか!」


   先輩があるいてくる

 みっさ「本当ですか!ありがとうございます!
      やっぱり先輩は頼りになりますねー☆」
 先輩 「えへへー☆」

 みっさ「では先輩、よろしくお願いします!」
 先輩 「ラストにお送りするのは、夏にぴったり青春ソング!」
 みっさ「本日はご来場いただき、誠にありがとうございます。
      また来年もお会いできることを楽しみに待ってます!」


 先輩 「それでは、ゆずで
 全員 『夏色!』



≪ 夏色    ゆず ≫




 アンコール

≪ テキーラ   Chuck Rio ≫ 


スポンサーサイト

 < 「この時がいつまでも続くと思ってた」高二の夏が終わる時 + 理由と目的と > 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://floweredsound.blog108.fc2.com/tb.php/160-09906afa

 | HOME | 

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。